日々つらつらと

4人家族の日々の日常をつらつらと書き綴ってます。あるあると共感などして頂けたら嬉しいです。

家族4人のありふれた日常風景

いやらしい……実にいやらしい奴である

 

お歳暮で天狗ハム

 我が家にもハムの人がやってきた(歓喜)

 

 昨夜、その箱の封を開け、遂に1つ焼いてみて食べることに。自分が選んだのは、馬の蹄のような形をしたウインナー。なんか、めっちゃ極太。すごく極太。これは実に食べ応えがありそうである。

 

 息子と娘は基本的に、ウインナーにはあまり興味がなく、別のものを作ってあげていました。

 

 なので、今回は大人たちだけだぜ! って思ってたのですが……旨いものを察知するセンサーでもあるんですかね?

 

「〇〇ちゃんにも見して!」

 自分に抱っこをせがみ、そのウインナーを発見し、

「ちょっと食べてみるね!」

 いつもは見せない興味を示してくるのです。

 

 まぁ、これは嬉しい誤算。

 好き嫌いが多い娘が、食べ物に興味を示してくれるのは、ありがたい。みんなで食べたほうが美味しいってのもありますし。

 

 台所からは、嫁さんの笑い声が止まらない。

「あはははは!」

 1人で夕飯を作っているはずなのに、おかしい。あまりの歓喜に興奮が止まらないのか、と思いきや、どうやら、でかいウインナーをそのまま焼いて、焼けてるかどうかわからない。というのが可笑しくて笑っていたらしい。よく分からんです……。

 その後に、フライパンから一度取り出して、12等分ぐらいにしてました。

 

 ウインナーにしっかりと焼き色を付けて、みんなで食卓に夕飯を並べ、席に着いたらいただきます。

 

 そして……食べる食べる。いつもは食べないウインナーをよく食べる。

「美味しいね! 美味しいね!」

 その姿は微笑ましいのだが、がっつきすぎである。もうウインナーしか食べていないのである。

 

 最終的に、

 

 自分3個、嫁さん2個、お義母さん1個、息子2個

 娘、5個である。

 

 いや、いいんですけどね。ただ、半分ぐらい君が食べてるじゃないですか。

 もっと食べたかった自分としては、ちょっと恨めしい視線を娘にぶつけるのであった。

 

 まぁ、いいんですけどね。