日々つらつらと

4人家族の日々の日常をつらつらと書き綴ってます。あるあると共感などして頂けたら嬉しいです。

家族4人のありふれた日常風景

【春休みの遊び】お店屋さんごっこ連日開催!

 

「いらっしゃいませー!! いらっしゃいませー!!」

 春休みに入って、毎日開催される娘のお店屋さんごっこ

 

f:id:knim:20190327233412j:plain

 

 机の上に所狭しと商品を並べて、唐突に始まるお店屋さんごっこが、春休みに入ってからの娘の日常の1つだ。

 

「パパきて!」

 ご指名の客引きから始まるお店屋さんごっこ

 

「何があるんですか?」

 そう尋ねると、

「たこ焼きありますよ!」

 どうやら今日はたこ焼き屋さんのようだ。だが、この娘の店では何でもありなのだ。何を注文しても、答えれくれる万能のお店なのだ。

 

 なので、たこ焼きではなく、試しにお好み焼きを注文してみても、

「ちょっと待ってくださいねー! 今作り方見ますからね~!」

 お客の目の前で、レシピを見始めちゃう自由さ。

 

 ちなみに所狭しと並べられていた本の群れは、商品ではなくレシピ本のようだ。作り方を見ると言って、本に手を伸ばして「ん~これですね!」とか言っていたことから間違いはない。

 

 他にも、

「オムライスは出来ますか?」

 と注文してみれば、

「待ってくださいね~! 今玉子買ってきますんで!」

 玉子を用意していないのにもかかわらず、買ってきてまで作ってくれるという親切設定。なんとも優しい設定のお店だ。

 別の言い方をすると、用意の悪い店でもあるがw

 

 そんな感じでどんな注文でも受け付けてくれる娘のお店。作ってくれた商品を受け取って、そのまま食べる。

 

「ごちそうさまでした。美味しかったよ! お会計はいくらかな?」

 最後にお会計をするのだが、まだお金に関してはよく分かっていないうちの娘。この質問をすると、

「えぇ~と、う~んと……」

 値段設定まではしてないらしく、ひじょ~に困っていた。

 うんうんと唸る娘を前に待つこと数十秒。口を開いた娘が出した値段は……

 

「じゃあ8円になります!!」

 めちゃくちゃ安い!?

 

 まだまだ、設定を煮詰めてもらわないといけませんね……。

 

 そんな感じで、娘のお店屋さんごっこにお世話になっている、自分と嫁さんの日常である。