日々つらつらと

4人家族の日々の日常をつらつらと書き綴ってます。あるあると共感などして頂けたら嬉しいです。

家族4人のありふれた日常風景

【北海道のお菓子】じゃがリムセ

 

 自分の母親からこんなものをもらった。

f:id:knim:20190325120953j:plain

 

 北海道のお菓子。この間も北海道の豚丼のたれをもらったことから、北海道展でも行ってきたのかもしれない。貰えるのはとても嬉しい。

 

 貰ったその日の夜に、嫁さんとお酒を飲んでいたので、そのつまみにさせてもらった。

 

 作り方は至ってシンプル。袋に味のフレーバーを入れてふりふり。

 ただ、開けてすぐに食べたい気持ちがあったのでちょいめんどい所はあった。

 

 味は珍しいものが数種類あった。

f:id:knim:20190325121355j:plain

 ・ほたてしお味

 ・焼きとうきび

 スープカレー

 ・鮭とば

 

 

 ホタテは苦手だし、とばって何? 焼きとうきびスープカレーは美味そうだけど、大丈夫かな……?

 

 半分不安。半分期待。

 

 とりあえず、お酒が入っているテンションで、どんどんとやってみました。

 

 まずは、安心の焼きとうきび味から。

 とんがりコーンの焼きトウモロコシに近い味かな? そう思いながら食べてみた所……それをさらに香ばしく、味を濃くした感じでした。

 これは美味い!

 

 次に食べたのが、ほたてしお味。

 コメッコのホタテ味に近い感じかな? そう思いながら食べてみた所……全然違う!

 なんというか、本物のホタテに近い感じ(嫁さん談)。自分は一口食べたら、もういらないや……。お酒が入っているにもかかわらず食べることが出来ず。

 

 ホタテ好きの人なら、最高に美味しいかもしれない。多分、きっと、メイビー。嫁さんも食べれていなかった。

 

 次に食べたのが、スープカレー味。

 とりあえず食べたれ~! 的な感じで食べてみた所、カレーせんに似たような味がしていた。

 スパイシーで凄く美味しいフレーバーだった。

 

 最後に食べたのが、鮭とば味。

 もうどんな味かは自分は想像できていなかった。お菓子で鮭というのも珍しいし、とばの意味も分からないし、お酒入ってなかったら、フレーバー入れずに塩かけて食べてたかもしれない。

 

 もはやノリでフレーバーをかけて、食べてみると、なんとも独特の味が。どうやら燻製されていた味だったようです。

 普段だったらこれまた、美味くないな……。と感じてそのまま食べなくなっていたかもしれないが、そこはお酒パワー。

 食べ進めていると段々と美味しくなってきて、酒のおつまみには一番合っていた。

 

 これは、ほたても美味しく感じるのでは……。

 とばもいけたし、いってみよう! 遠ざけていたほたてに手を伸ばしてみたが、これはだめ……どうしてもだめ……っ!

 

 そんな感じで、

「これは美味しいね~」

「ダメだわ……これは絶対に食べれんわ……」

 

 なんだかんだフレーバーを味わいながら、お酒を楽しんでいた。

 

 ふと、終わり際に見つけた、フレーバーがついていた紙に書いてあるメッセージ。

f:id:knim:20190325121437j:plain

 

 勇気があればって……。

 もはやかけずに食べてもいいよ!

 そんな扱いのほたてしお味の扱いが雑すぎる。