日々つらつらと

4人家族の日々の日常をつらつらと書き綴ってます。あるあると共感などして頂けたら嬉しいです。

家族4人のありふれた日常風景

スター☆トゥインクルプリキュアが始まる前に、HUGっと!プリキュアの最終回における4歳4か月娘への影響力について書いてみる

 
HUGっと!プリキュア

 娘はHUGっと!プリキュアが大好きで、毎週必ず録画をして、視聴しているほどだった。

f:id:knim:20190105221302j:plain

f:id:knim:20190101225542j:plain

f:id:knim:20181228234303j:plain

 

 振り返ってみ見れば、プリキュアのグッズが次々と出てくる。

 (お面を除く)今でも、楽しそうに身に付けたり、遊んでいる品々だ(お面を除く!)

 

 そんな娘なので、勿論最終回も視聴したわけなのだが、その最終回に出産シーンがあったらしい。(自分は見ていない)

 そのシーンを見た娘は、

「ねぇママは怖かった?」

 そんな質問を投げかけた。

 リアルに描かれていた出産シーンは、娘にとっては『怖い』という感情を芽生えさせてしまったらしい。

 

「怖いとか言ってられなかったよ。ただ、あぁ~やっとあなたに会えるんだぁって思ってたよ」

 それに対しての嫁さんの回答がコチラだ。

 

「りーちゃん生まれるのに27時間かかったんだよ」

「りょーくんは?」

「りょーくんの時は5時間」

「はやっ!」

 その後も、出産のことに関して、嫁さんと娘は会話していた。

 

 なんだか、非常に情操教育を育んでいるような気分だ。

 そんな意味でも今回のプリキュアは、色々なものをHUGっと!していたんだなぁと。楽しませてもらったし勉強にもなる、見せていて為になるプリキュアだったと改めて感じさせられた。

 

話は結婚話へと移行して……

 そこから話は結婚の話へと。

 

「結婚は好きな人とするんだよ~。結婚したら家から出ていかなくちゃいけないけど……」

「将来りーちゃんは早めに子供作るんだよ。じゃないとママお手伝い出来ないからね!」

 茶目っ気を含みつつ、娘に投げかけられた言葉は、

「いやだ! りーちゃん結婚イヤだ!」

 拒否で返された。

 これは、プリキュアの影響で、出産が怖くなってのものか! と一瞬不安を覚えたが、

「だってもっとパパとママと一緒にいたいんだもん!」

 どうやらそれは杞憂だったようだ。可愛らしい理由での拒否にパパは安心だ。

 

 自分で言うのもなんだが、娘はパパが大好きだ。いつもすごく甘えてくる。まだまだ甘えたい盛りの可愛い奴だ。

 なので、結婚話をすると、

「りーちゃんはパパと結婚するから!!」

「え~でもパパはママと結婚してるから、りーちゃんはパパとは結婚できないんだよ」

「えぇぇぇぇ!!! やだ!!」

 嫁さんと娘との間でそんな会話が繰り広げられる。そんな会話を間近で聞いて、ふふふとほくそ笑む自分。

 

 しかしながら、よく聞く話が、『娘は父親を必ずウザがる』といったもの。

 大概の人が、「今だけだよ~」とか「いずれ洗濯物一緒に洗わんといて! とか言われるよ~」とか言ってくる。

 考えるだけでへこみそうだ。

 その期間が少しでも来ないことを……そして来たとしても短くあれ……! そう願いながら、また娘と向き合っていくこととします。

 

日曜日がくる 

 

 さて、HUGっと!プリキュアが終わって、今日からは新たなプリキュアの始まりである。

 

『スター☆トゥインクルプリキュア

 

 楽しんでくれることはほぼ確実だと思うが、このプリキュアは、娘にどんな影響を与えてくれるか。

 それも楽しみにしながら、家族みんなで第1話を見てみることとしますかね。