日々つらつらと

4人家族の日々の日常をつらつらと書き綴ってます。あるあると共感などして頂けたら嬉しいです。

家族4人のありふれた日常風景

お祭りパーピーだー!

 

 皆さんのご家庭ではどうだろうか。

 

 子供の好き嫌い問題

 

 育児系のブログなどを見ていると、たびたび目にするこの問題。かくいう我が家庭でも、その問題は常に付きまとってきた。

 

 嫁さんが、子供たちこれなら食べてくれるかな……子供ってこれ鉄板だよね! と、考えながら作ったりするも撃沈。はぁ~……という場面も何度も目にしている。

 うちの娘は本当に好き嫌いが多い困り者だ。

 

 野菜ならまだしも、果物まで苦手な娘。少し前までは、ミカンの缶詰。果物と言っていいか分からないが、これぐらいしか果物では食べるものがなかった。

 

 バナナ、リンゴ、みかん、メロン、いちご……

 

 子供が好きそうな果物たちのことごとく『イヤ!!』の一言で切り伏せてきた娘。一口食べてみてみ? と言っても口にはしなかった。

 無理やり食べさせるわけにもいかず、もはや諦めムード。そんな状態だったのだが、そこに最近変化が起きた。

 

「ばあちゃんリンゴ切って!!」

 リンゴを切ってもらってフォークを差し、皆に食べさせて回るおせっかい娘が現れる時がある。前にもこのような発言をして、自分では一口も食べずに終わっていた。

 

 お義母さんは孫になんだかんだ優しいので、言われたようにリンゴを剥いてくれて、結局は大人三人で食べる。今回もこのパターンなんだと思っていた。

 

 しかし、今回は違っていたのだ。

 

「お祭りだよ~! お祭りパーピーだよ~!!」

 謎の発言をしつつ、娘が持ってきたのは普通のリンゴ。

f:id:knim:20190225001937j:plain

 フォークを人数分持ってきて、配って回る娘。いつもならばフォークをリンゴに刺して、

「パパどうぞ!」

 嬉しいけど、自分でも食べてよ……とか思わされる所なのだが、それがない。

 

 あれ? と思っていると、おもむろにリンゴにフォークを刺して食べ始めているではないか。普通にシャクシャク音を立てながら食べている。

 途中で、食べれんかったと出すのではないかと心配していたのだが、

「美味しいね!」

 そんなことを笑顔付きで言って、2個目も普通に食べていく。

 

 唐突に食べれるようになっていてビックリだった。今まではどんだけ出しても食べなかったのに……。

 「りーちゃん、今何個食べたかな?」

 1個食べるたびにそんな質問をしてきて、5個じゃないかな? 6個じゃないかな? どんどん食べ進めていく娘。結局8切れ程食べてフィニッシュ。

 皆で1個のリンゴを分けて食べていたが、娘が一番多く食べていた。

 

 リンゴだけではあるが、果物を食べてくれるようになって本当に良かった食べれないことに心配はしてもどうしよう……って感じから抜け出せなかったのが現状だった。

 

 こんなパーティーならばいつでも大歓迎だ。ウェルカム。

 

 娘の次の、

「お祭りパーピーだよ~!」 というのが待ち遠しい限りである。