日々つらつらと

4人家族の日々の日常をつらつらと書き綴ってます。あるあると共感などして頂けたら嬉しいです。

家族4人のありふれた日常風景

魔法の言葉

 

その言葉で行動をはやくせよ

 

 プリキュアが大好きな娘。そんな娘が心躍らせるものが幼稚園にはある。それは、プリキュアのエプロンだ。

 

 幼稚園でよくする遊びがおままごと。幼稚園での話を聞かせてもらう時には友達と、今日はおままごとしたよ! などとよく話してくれる。その際に一緒に話してくれるのが、エプロンの話だ。

「今日はいっぱい着れたよ!」

「今日は少しだけ着れたよ」

「今日は着れなかったぁ……」

 

 どうやら、娘の友達の中で、プリキュアが大好きな子がいるらしい。その子とエプロンで争奪戦をよく繰り広げているようだった。ちなみに一番仲がいい。

 娘が、今日はエプロンずっと着てたよ! などと言った日には、ちゃんと貸してあげなきゃだめだよ。と諭し、今日はありちゃん貸してくれなくずっと着れなかった……と言った日には、じゃあ明日は朝早く幼稚園に行って、エプロン着れるようにしようね! とモチベーションをあげさせる。

  

 少し前までは、プリキュアのエプロンは娘と、友達のありちゃんとで独占状態(それもどうかと思うが)だったらしいのだが、最近では他のおままごとをする子たちも着ているらしい。皆で仲良く遊んでくれると、親としては安心できる。

 

 とにかく朝の準備が遅い娘にとっては、この『早く行かなければエプロンが着れない。皆に着られてしまう!』という事柄が非常に大事なのだ。

 好きなものが取られてしまう! その気持ちを持たせることによって、朝の準備を手早くしてもらうのだ。 朝は忙しいので、娘の着替えに10分も20分もかけることは出来ない。朝は戦争なのだ。

 

 幼稚園に入ったばかりの頃、幼稚園に行くのを拒んでいた時期がある。その時に、

「早く行かないとプリキュアのエプロン取られちゃうよ!」

 今でもよく使うワードだが、娘にとっては魔法の言葉。

 

 この一言をかけることによって、幼稚園に行く手助けにもなったし、準備も少し手早くしてくれる。

 

 アンパンマンが救世主の時代は終わったが、近頃では、プリキュアが大活躍である。プリキュア様様である。

 

 今後も、一緒にプリキュアを視聴して楽しみ、生活の一部となっていただこう。おもちゃも強請られるだろうがそこは仕方ない。多少は覚悟しておこう。でも手加減はしてね!

 

 さて、魔法の言葉の効力が最近薄くなってきたことが、懸念事項である……