日々つらつらと

4人家族の日々の日常をつらつらと書き綴ってます。あるあると共感などして頂けたら嬉しいです。

家族4人のありふれた日常風景

トーマス レッツゴー大冒険!

 

 23日のクリスマスにプレゼントとしてもらった、 

 

child-colorful.hatenablog.jp

 

f:id:knim:20181224014223j:plain

トーマス レッツゴー大冒険!

 

 これに対する反応を書いていこうと思います。

 

大人の反応

 はやく! はやく! と急かす子供たちを抑えつつ、封を開けてみると、

f:id:knim:20181227225709j:plain

 6つのパーツが入っていた。

 組み立て式なのだが、ほんとに簡単。誰でもできる簡単さ。説明書きも別の部分に書いてあるのですが、ほんとに要らないぐらい。見たらわかります。

 レールくっ付ける。クランキーぶっさす。ハロルドぶっさす。終わり。

 実質4つで出来上がりです。あら簡単。

f:id:knim:20181227224558j:plain

 出来上がりがこんな感じです。

 簡単だと、待ち焦がれている子供にすぐに渡すことが出来るので、ありがたい。そこまで複雑なのもあまりないとは思いますが。

 

  電池を使用しないでいいのも非常にエコ。

 最近のおもちゃは、電池必要のものが多いので、変える必要がないのは楽ですね。子供たちが遊んでて、電池が切れたりすると、

「でんちない……でんちない……」

 なんて言って来ますからね。作業中とかだと、ちょっと手間だったり(笑)

 

遊び方

 下にある6つのボタンやレバーを使って、トーマスやパーシーを自分の力で進めていき1週させる感じですね。

 

f:id:knim:20181227224558j:plain

 1番右のレバーで、クランキーが道を吊り上げる。

 右から2番目のボタンで、赤色の床を持ち上げる。 

 黄色のレバーで桟橋をかける。

 赤色のハンドルで3つある黄色と赤の床を半回転させる。

 緑色のハンドルを回すと、ハロルドが回転し、山の部分もエスカレーター式で動く。

 黄色のボタンを押すと、山の頂上の部分が飛び出る。

 

 なんか説明下手w

 まぁともかくそんな感じで動かしていきます。

 

子供の反応

 貰ってから3日間ぐらいたちますが、息子は結構な頻度で遊んでいます。

 

f:id:knim:20181227224649j:plain

 ちっちゃいトーマスとパーシーを走らせてみたり、

f:id:knim:20181227224638j:plain

 レールの傍のちっちゃい信号機に

「かんかん! かんかん!」

 と言ってみたり(自分は全く気づきませんでした)

 

 ボタンをバシバシ叩いてみたり、

f:id:knim:20181227224623j:plain

 クランキーを掴んでみたり、

f:id:knim:20181227224610j:plain

 ハロルドを掴んでみたり……

 

 遊び方が違いますけどねw

 

 対象年齢が3歳以上から。となってますので、1歳9か月の息子にはまだ早かったか……。ボタン押したら動くよーとか、回したら動くよーとか、説明してみますが、まだ分かってない様子。

 

 クランキーの所にトーマスを乗せて、クランキーを鷲掴みにして、持ち上げトーマスたちを走らせたり、ハロルドを鷲掴みにして、ぐるぐる回してみたり。

 これぞ、真の手動。

 でも本人、すごく楽しそうなので、これはこれで、1つの遊び方ですね。

 

 娘は一回やって見せたら、もう自分で出来てますので、息子も何回も見てたら、どっかで覚えるんじゃないかなーと期待も。

 

 

 なんにせよ、楽しんでくれていて何よりです。

 

 しかし1つ懸念があります。

 

f:id:knim:20181227224610j:plain

 

 こいつはどっか絶対に壊される予感しかしない……