日々つらつらと

4人家族の日々の日常をつらつらと書き綴ってます。あるあると共感などして頂けたら嬉しいです。

家族4人のありふれた日常風景

晩御飯の時間にご注意を……

 

午後8児ぐらいの帰宅

 サービス業の自分は、帰宅の時間がとても不定期です。

 早ければ夕方の6時ぐらいには。遅ければ夜中の3時を回る事なんかも……。

 

 なので、早い時間帯に帰ることが出来れば、家族みんなで晩御飯を食べることが出来ますし、遅い時間帯に帰れば、嫁さんが作っておいてくれたご飯を1人で食べることになります。

 

 そして、午後8時。

 これぐらいの時間だと、1人で食べることにはなるのですが、まだみんなが就寝についていない時間帯。そう……娘と息子がまだ起きているのです。

 

 
先日の夜である

 

「ただいま~」

「「おかえりー!!」」

 疲れた体で、帰宅の挨拶を部屋に飛ばすと、子供たちの元気な声が返ってきた。

「おかえり~」

 帰宅する時には、あらかじめ連絡してから帰るので、嫁さんが台所から夕ご飯を温めながら返事をしてくれた。

 

 今日の夕ご飯は、白ご飯に、寄せ鍋、コロッケに、自分の大好物のピカタだった。

 嫁さんから、

「なんか食べたいものある?」

 と尋ねられた時は、高い頻度でピカタと言ってしまう。それぐらい好きなのだ。

 

「子供たちもいっぱい食べてくれたよ! 2枚入れてあげたんだけど、2人ともペロッと食べてたよ!」

 そんな嬉しそうな嫁さんの声を聞きながら、カウンターの上においてくれた晩飯をテーブルまで運んでいく自分。

 

 全部並べ終えてソファーに座り、大好物を目の前に、手を合わせていただきます。

 

 ここで右を見てみる。

「〇〇ちゃんお肉食べたいもん!」

 晩御飯を食べたはずの娘が、大好物のピカタを狙っているではないか! むろん拒否。

 そして左も見てみる。

「おいひい? おいひい?」

 息子が、美味しいかどうかの確認をとってくる。

 

 ここから、とにかく騒がしい晩御飯が始まった。

 

 娘はピカタを食べたいから始まり、プリキュアの歌を大熱唱し、私の手を触ってきたり、足を撫でてみたり、耳たぶをつまんでみたり。背中にも飛び乗ってきたりもしていた。

 そして、嫁さんに怒られる。

 

 息子は、

「おいひい? おいひい?」

 壊れたレコーダーのように永遠と繰り返していた。指さす方向は変えつつ、ずっと聞いてきていた。多分100回以上は聞かれていたであろう。

 途中、娘に対抗してか、おそらくおしり探偵の歌らしきものも歌っていた。

 そして、お義母さんに怒られていた。

 

 これを両サイドで、晩御飯が終わるまで、ずっと続くのである。それはもう慌ただしい夕飯である。

 

 特に邪魔にならなければ、触られるのもいいし、ねだられるのもいいし、歌われるのもいいし、話しかけられるのもいいんです。

 

 いいんですが……2人でずっとはやめてほしいなぁ……。

 少しはゆっくりとした晩飯が食べたいと思った。

 

 その後は、2人には罰として、くすぐりの刑に処してやりました。

 しかし、喜んでもっと! もっと! と押し寄せてくる2人を生み出してしまっただけだった、夕飯後。