日々つらつらと

4人家族の日々の日常をつらつらと書き綴ってます。あるあると共感などして頂けたら嬉しいです。

家族4人のありふれた日常風景

娘とやってみた

 

ラーメンやさん!

 

 とある週末。家族でスーパーに買い物に行っていたときに娘が発見したもの。

 

f:id:knim:20181125121620j:plain

 

 自分で作る知育菓子シリーズ。

 スーパーに行くたびに、このコーナーの前を通ると、これ買って! とか言ってはいたのですが、購入するつもりは全然ありませんでした。あまり美味しくないイメージがあるので(笑)

 ですが、まぁ楽しめそうならいいか……ってのと、娘の熱望により買ってみました(*'ω'*)

 

 本物そっくりなラーメンが作れる! ってことで娘と一緒に作ってみることに。

 

 まず初めに、ケースを切り分ける作業から。

 ラーメン用、スープ用、餃子用、なると、卵用の4つに切り分けします。

 立体的な形を切らなければならないので、4歳の娘には出来ず。

 もうすでに大人参加型のものですね。わかります。

 

 次は、餃子の生地と、なると、卵を作る作業。

 ハイチュウのような形をした、ソフトキャンディーなるものを、なると用、卵用、餃子用×2と4つにちぎり、型に押し込めて形作り。

 

 餃子は伸ばして押し込まねばならず、娘も挑戦しましたが、これが中々に硬い。ちぎる所と伸ばす最初の所は自分がやって、最後のほうを娘にやってもらいました。

 

 そして、押し込めて形作った餃子の中に中身を入れて、両端をくっ付けて餃子に! 完成がこちら

f:id:knim:20181125133139j:plain

 

 中身が少し漏れていますが、中々に餃子っぽくなりました。

 

 続けて、ラーメンを作っていきます。

 スープと麺を作る作業。

 これは単純で、容器に水を入れて、粉末を入れたらぐるぐると混ぜるだけ。

f:id:knim:20181125133157j:plain

 左がスープ、右が麺ですが、これだけ見ると、麺が異様w

 ここは全部娘がやってくれました。

 

 そして、絞り袋の中に麺? を入れて、スープの中に投入。

 袋に入れるまではいいのですが、袋の上をひねりながら中身を押して出すってことが娘はまだ分からないらしく、一人では出来ず。

「なんでー⁉ でないー⁉」

 と。パパとの共同作業で、

f:id:knim:20181125133211j:plain

 

 完成。予想してたよりもラーメンっぽい!

 

 全部を盛りつけしたものが、

f:id:knim:20181125133226j:plain

 

 実は、なるとと卵も入っているのですが、娘に盛りつけしてもらった時にスープの中に沈んでいきましたw 麺だけみたいになっちゃってます。

 

「どうするのー!」

「次は何すればいい?」

「出来ない―!」

 等々。娘と一緒に楽しみながら作ることが出来たので、時間がある時に一緒に作って遊ぶのにはいいなーと思いました。

 また買い物に行った時に、通りがかって欲しがった時には買ってあげようと思うシリーズでしたね。

 

 

実食

 

 これが一番怖い

 

 こういうお菓子って、あくまで自分のイメージですが、

 

 美味しくない

 

 と思ってます。なので買うのに気が進みませんでしたし。

 

 で、娘は出来上がった時に

「いただきまーす!」

 嬉々としてラーメンをすすりました。

「……」

 結果は沈黙でお察しですw

 じゃあ餃子食べてみ! と言って食べさせようとしましたは、粘土みたいといってそちらも食べず。

 

「じゃあ、ママに頂戴」

 餃子はママが最初に食べていましたが、意外なことに美味しかったらしく、食べてみ

 と進めてくるぐらいでした(まずくても勧めてきたでしょうけど)

 

 食べてみると、実際上手かったです。ほんとに意外だ……。息子も欲しがり食べさせてみると、息子も美味しかったらしく、もっとよこせと催促を。

 

 ラーメンのほうも食べてみましたが、自分もママも

「……うん」

 はい。そういう事です。

 喉の奥になんか嫌な甘みが残って、もう他の物を食べたくなりました。

 

 息子も欲しがってきたので、一応食べさせてみることに。一口食べると、もっとよこせと催促を⁉ まじか……