日々つらつらと

4人家族の日々の日常をつらつらと書き綴ってます。あるあると共感などして頂けたら嬉しいです。

家族4人のありふれた日常風景

びんびん行こうぜ!

 

新しい遊び方ができる子供は凄い

 

 息子のびんびんが止まりません(白目)

 

child-colorful.hatenablog.jp

 

  息子のおまめ愛の始まりはここから。

 

 その後も衰えることは一日たりともありません(;´・ω・)

 朝起きて、暫くすると、

「びんびん!」

 

 お昼過ぎて、お菓子食べてる時間に、

「びんびんみる!」

 

 夜に、娘のお遊戯会の動画を見ていると、

「びんびん! びんびん!!」

 

 とりあえずびんびん言えばいいと思ってるんじゃなかろうな(困惑)

 

 そんなびんびん連呼息子は置いといて。

 最近は、ビビンビーンの歌を聴いている最中に、必ずすることがあります。

 

「これ! これ!」

 ゆういちろうお兄さん(緑のまめ)を必ず指でさすんです。

 シーンが変わると

「これ!」

 ゆういちろうお兄さんが出ていないと、

「…………」

反応せず、再び現れると

「これ! これ!」

 

 なんだこの生き物は……

 

 実に可愛い

 

 ただテレビ近すぎるんで離れてください~

 

 で、離してもまた近づき、また離す。以下エンドレス。

  父と息子のある意味戦いです(笑)

 

 DVDのケースもよく欲しがるのですが、そのパッケージでも新たなる遊び方の動きが。

 

f:id:knim:20181115200015j:plain

 

 それぞれのおまめに対して家族の名前を出して、指をさすと、

「〇〇君は?」(息子)

「これ!」(緑)

「〇〇ちゃんは?」(娘)

「これ!」(赤)

「パパは?」

「これ!」(黒)

「ママは?」

「これ!」(ピンク)

 

 何度聞いても同じだったので、息子の中でこれは決定しているみたいでした。

 しっかりと自分が真ん中取ってて笑えます。

 色の区別もついているみたいなので、パパとしてはそれを見ながら、満足!

 

 試しにと思って、

「ばあちゃんは?」

 と息子に聞いてみたところ、

「これ!」

  迷うことなく、左上のまめご飯を指さしてました。

「え? もう一回聞くけどばあちゃんは?」

「これ!」

 自信満々すぎてこっちが戸惑うわ。

 

 迷いながらもおまめ戦隊の誰かを指さして、じゃあ2人とも赤色だね~。みたいな感じになると想像していたら、まさか米を選択肢に入れてくるとは……

 ばあちゃんを自信満々にまめごはんにしてしまう、息子なのでした('ω')