日々つらつらと

4人家族の日々の日常をつらつらと書き綴ってます。あるあると共感などして頂けたら嬉しいです。

家族4人のありふれた日常風景

その行動に成長が詰まっている

 

ふとした発言が成長のあかし

 

 「パパトイレ!!」

 娘からの一言。

 トイレに行く時、私がいるときは結構お誘いをかけてきます。

 何もなければ大抵着いていくのですが、その時はママに作ってもらった夕ご飯の最中。仕事から帰ってきたので、私一人での夕食時。

 ママが気を利かせてくれて、娘にトイレに行くよーと。連れて行ってくれようとしたのですが、

「パパと行くの!」

 

 娘、無慈悲の拒否。

 

 私も、食事中だったので、

「ママと行ってきてね。パパご飯食べてるから行けないよー」

 

「パパと行くの!」

 

 娘、二回目の拒否。

 甘えてくれると思うと嬉しさ半分。困った感半分。こうなると娘は頑固なので、中々に動いてくれません。

 

「パパご飯食べてるからママと行くよ」

「え~」

「早く行かんと漏れちゃうよ!」

「パパとがよかった」

 …………

 

 以下、問答がしばらく続き、ようやく娘が折れたのか、

 

「じゃあひとりでしてくるから!」

 

 おいおい、まだ一人じゃ出来んだろうに……

 

「ママ来ないで! ひとりで出来るからついてこないで!」

「見てるだけだから」

 

 あきれた声を出すママと、ひとりで出来るもんアピールをする娘の会話を聞きながら、ご飯をもぐもぐと食べていたんです。

 特に何も気にすることなく、テレビを見ながら食事してました。

 

 で、おなかも落ち着いた頃合いで、シャワーに入ってきて、上がってきた時に、

「パパトイレ行く!」

 

 再び娘から、トイレへのお誘い状が。じゃあいくかーと立ち上がれば、

「ひとりで出来るから! 見てて!」

 

 ついさっき聞いたような言葉が。

 何? なんかブームなの? と、後をついていくと、そこには、一生懸命背伸びをしながら電気のスイッチを入れる娘の姿が(゚д゚)!!!!

 

f:id:knim:20181116235320j:plain

 

 大げさかもしれませんが、驚きのあまりポカンと。

 ついこの間までは、電気のスイッチなんて1人で付けられなかった娘が……抱っこせがんで、ようやくスイッチをつけていた娘が……。

 気づけば、背伸びすれば1人で電気のスイッチに手が届くようになっていたとは……。

 

 子供はこうやって、見てないところでも成長しているんだなーと

 

 身長が順調に伸びていることを知り、非常に感慨深かったです。